« 「死に筋商品」を把握する。 | トップページ | POPは、売り込み上手な店員。 »

「不安解消」に商機あり。

■不況でも売れている業界をマネる。

人が来ない。モノが売れない。
厳しい経済環境の中では、ごく普通に聞かれる言葉です。
いまでは、日常会話のようになっています。

しかし、儲かっている業界、
上昇傾向にある業界を見てください。
デフレと言われようが、不況と言われようが、
次々と新商品を出し、売れ続けています。

健康器具、健康食品、
ダイエット食品、エステティック……。
これらはいま、非常によく売れています。

これらの商品に共通しているのは、
“無くても困らないもの”だということです。
でも、購入した人にとっては、
“無いと困るもの”なのです。

どういうことかと言うと、これらの商品を買う人は、
ある事柄に関して
必ず『不安』を持っているということです。

健康器具、健康食品では、
“病気になりたくない、歳を取ると…”という不安。

ダイエット食品は、
“太っていると相手にしてもらえない、
見てもらえない”。

エステティックは、
“歳を取りたくない、醜いのはイヤだ”。

こうした『不安』に対して、それを解消してあげる商品、
サービスを提供して成功しているのが、
これらの業界です。

■不安を解消してあげることから始める。

マーケティングの勉強をしている人なら
よくわかりますが、
『人の不安を解消してあげれば、モノは売れる』
という基本があります。

“からだがだるくて、腰が痛いのよ、
膝が痛くて歩けない……
あなたは、こんな症状でお悩みではありませんか?”

このような通販の広告をテレビでよく見ませんか。
さまざまな種類のこうした商品が溢れていますが、
これが売れているのです。

不安を解消してあげているから、売れるのです。
このような『不安』は、世の中にたくさんあるはずです。

老後への不安、健康への不安、
生活そのものへの不安、ストレスに対する不安……。

起業を促すような情報ビジネスが流行っているのも、
リストラや社会状勢に対する『不安』があるからこそ、
みんなが興味を持つのです。
バブルの時には、誰もそんなことは考えませんでした。

■世の中が必要とする商品、サービスを提供する。

警備会社のセコムが、
車、バイクの盗難への対応やお年寄り、
子供の位置確認に対応する
「ココセコム」というサービスを始めたのも、
犯罪の増加への不安を解消するためです。

携帯電話各社から、
子ども用携帯が発売されているのも、
親の安心をサービスとして提供するためです。

人の不安につけ込む、などと考える必要はありません。
世の中が必要としている商品、
サービスを考えることは、
社会の役に立つことでもあるのです。

不安解消には、商機があります。
じっくりと考えてみてください。

あなたの商売のまわりには、
どんな『不安』がありますか?


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

|

« 「死に筋商品」を把握する。 | トップページ | POPは、売り込み上手な店員。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/25863359

この記事へのトラックバック一覧です: 「不安解消」に商機あり。:

« 「死に筋商品」を把握する。 | トップページ | POPは、売り込み上手な店員。 »