« 購入の背景を知ると……。 | トップページ | 来店動機アンケート。 »

お客さまは、比較して購入する。

お客さまが商品を購入する時には、
いくつかの候補を上げておき、その中から、
もっとも欲求を満たしてくれる商品を選んでいます。

なぜ、候補を上げるのかというと、
選択の基準が欲しいのです。

これとこれでは、こっち。
あっちとこっちでは、あっちの方がいい。
というように、
比較するものがないと、選びづらいのです。

ひとつ気に入ったものがあったとしても、
“本当にこれはいいものだろうか?”と、
不安になります。
比較するものがあれば、
あの商品よりはこういうところがいい、
となります。

自分自身を納得させる材料が欲しいだけなのです。

このお客さまの心理にお応えすることで、
売り上げを伸ばす方法があります。
簡単に言うと、
「選択肢を増やす」ということになります。

同じような商品は、つねに2、3種類用意しておきます。
多すぎると、かえって迷いすぎて、
買うのをやめてしまいます。
2択、3択は、一番選びやすい数なのです。

たとえば、この3つ。

売りたい本命商品。
無難で売れやすい商品。
モノは悪くないが売れない商品。

“それなら、本命と売れやすい商品だけでいいのでは?”
と思われるでしょうが、「売れない商品」がなければ、
売り上げそのものが落ちてしまうことがよくあります。

価格の上下で「松竹梅」とありますが、
これなども、梅がなければ、松や竹が売れないのです。
これと同じことです。

人の心理というのは、なかなか奥が深いですね。

スーパーで、PB(プライベートブランド)がありますが、
どうしてこういう商品があるのか、ご存知ですか。

“安い方が売れるから”
もちろん、それもありますが、
実は、PBがあることで、
NB(ナショナルブランド)が売れるからなのです。

“PBは安いけど、本当にいいのかな?”
と不安を感じるお客さまが、
ちょっと高いNBを選ぶのです。

NBだったら、安心できるからです。
これも「比較」の選択なのです。

いかがですか。あなたも何かを買う時には、
“選んで”買っていませんか。

そこで、あなたの扱っている商品を
見直してみてください。
お客さまは、選べますか?


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

|

« 購入の背景を知ると……。 | トップページ | 来店動機アンケート。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/28387216

この記事へのトラックバック一覧です: お客さまは、比較して購入する。:

« 購入の背景を知ると……。 | トップページ | 来店動機アンケート。 »