« 存在しないお店。 | トップページ | チラシの裏をニューズレターに。 »

いまどきチラシは、どれも同じ!?

折り込みチラシが3枚あります。
それぞれのキャッチフレーズが、

「家づくりで現金を捨てるな!」
「大切にためた貯金を無駄にしないで!」
「マイホーム購入で後悔しないために。」

そうです、不動産屋さんのチラシです。

一般の方はまだ気づいていませんが、
勉強されている方は知っていますよね。
このキャッチフレーズの創り方を。

「エモーショナル・マーケティング」
という手法をもとに創られています。

「儲かる広告の創り方」
などというメルマガや本があれば、
必ず、こういった書き方が出てきます。

エモーショナルというのは、
「情緒的」という意味ですが、
読んだ人の感情に訴えかけるフレーズで、
消費者の“琴線”に触れる戦略です。

神田昌典氏をはじめとして、
さまざまな方が、この手法を広めました。
非常に効果的な手法で、私も“たまに”使ったりします。

さて、このチラシですが、黒と赤の2色、
もしくは緑一色で印刷されています。

パッと見た特長は、文字が多い、ということです。
それと、活字の文章に、
手書きの線や囲みを入れています。

引き出し線を使って「重要!」などと、
これまた手書き文字があります。

また、必ずその会社の人の写真が載っています。
大工さんの写真を出している場合も。

もちろん、「プロが教える、成功する家づくり」
という小冊子プレゼントもあります。

さらに細かく見ると、
「ローコスト住宅研究会」「次世代住宅研究会」
という文字があります。

みなさんわかると思いますが、
まったくの「いまどきチラシ」なのです。
何も考えなければ、
非常に参考になるチラシだと思います。

でも、私は???です。

この3つのチラシは、
すべて別の会社が出しているからです。
会社の特長がありません。
どれを見ても同じなのです。

最初にこういったチラシを出した会社は、
“他と違う!”として注目されたかもしれませんが、
みんなが同じ手法を使い出すと、
どこも同じで注目されなくなり、
信頼感さえ無くなってしまいます。

特にいま、不動産屋さんが目立っていますが、
他の業種なら、“まだ”この手法は使えます。
しかし、刻が経てば同じです。

やはり、オリジナルのメッセージが無ければ、
お客さまはずっと見てくれないということです。

私はコピーライターとして、
「“たまに”使ったりします。」と書きました。

何百か何千かはわかりませんが、
創ってきたキャッチフレーズのすべてを、
この書き方にしていると、
誰も依頼してくれなくなります。
特に同じクライアント(依頼主)で
何度も使うことはできません。

ひとつの商店でも同じことです。
チラシが入るたびに、同じ書き方をされては、
お客さまも注目しなくなります。

ましてや、他店と同じでは、もっと見ていただけません。

確かに効果的な書き方なのですが、
注意が必要だということを憶えておいてください。

やはり、“たまに”使うだけにしましょう。

教訓:流行に踊らされないように!


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

|

« 存在しないお店。 | トップページ | チラシの裏をニューズレターに。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/28706866

この記事へのトラックバック一覧です: いまどきチラシは、どれも同じ!?:

« 存在しないお店。 | トップページ | チラシの裏をニューズレターに。 »