« 「割引」より「割引券」 | トップページ | 野菜を売る。 »

スタンプ・福引券をケチらない。

古くから小売店でよく使われている販促方法に、
「ポイントカード」があります。

○○円以上お買い上げいただいた場合に、
カードにスタンプを押し、スタンプが溜まったら、
粗品プレゼントや購入代金に
当てることができたりします。

多くのお店で使われていますが、
お客さまの固定化にはとても有効です。

しかし、カードを使うことに魅力がなければ、
お客さまは使わなくなりますし、
お店自体からも足が遠のきます。

特典を豪華なものにする必要はありません。

しかし、商品を買って精算するたびに
カードを提示しなければならない、
という手間があったとしても、
それ以上の“お得なこと”が
あるように考えなければいけません。

私が“たまに”利用するドラッグストアでは、
500円ごとの購入で、スタンプ1個です。

50個スタンプが溜まると、
500円分の商品購入代金に当てることができます。
つまり、スタンプ1個(500円)で、
10円のサービスということになります。

しかし、このお店は、食品関係と広告の商品では、
スタンプを押してくれません。
売り場の半分は食品なのに。

最近、店舗を新築して、
食品を購入するお客さまは、かなり増えています。
なのに、スタンプは押さないのです。

私も1、2度イヤな思いをしました。
何も考えずに、金額が4000円くらいだからと、
カードを差し出したら、
「こちらの商品は、対象外ですので……」
と言われました。

またある時は、食品以外での買い物で
金額もそこそこだったので、カードを出すと、
「こちらは広告の商品ですので……」となりました。

それ以来、私はカードを出すのをやめましたし、
必要なもの、売り出しのものしか買わなくなりました。

私にとって、このお店はその程度の価値になったのです。

スタンプの1個や2個をケチって、どうなるのでしょう。

食品や広告の品にスタンプを押さないのは、
お店の都合でしかありません。
お客さまにとっては、まったく納得できません。
でも、こんなお店はたくさんあるのです。

スタンプは、宣伝のための経費だと割り切って、
すべての商品で押すべきです。

また、多少金額が満たない場合でも、
サービスとして押すようにすれば、
お客さまに好感を持っていただけます。

それくらい、笑顔で気前よく押しましょう。
それが、“笑売人”なんです。

もう1店舗、私が“よく”利用するスーパーのことを。

こちらでもポイントカードがあり、
100円で1ポイントのサービスとなります。

大きなスーパーですから、
ちゃんとPOSレジでポイントを加算していきます。

このカードは、溜まったポイントを
1ポイント1円で計算し、
いつでも現金で引き出すことができます。

手続きも簡単。
サービスカウンターに行き、
カードを出すだけで現金がもらえます。

これは、うれしいですよね。
商品の種類に関係なく、合計金額に対して、
ポイントをつけてくれます。

サービスの金額からすれば、
先のドラッグストアは50円で1円、
スーパーは100円で1円ですから、
ドラッグストアの方が大きいのですが、
ケチなことをしないスーパーの方が、
より多くの固定客を集めることは当然です。

ガラガラ抽選会などの福引券でも同じことが言えます。

対象外の商品だからとか、
ほんの少し金額が足りないとかで、
福引券をケチるお店があります。

これも気前よくいきましょう。
福引というのは、
お客さまを非常に集めやすい手法なのです。
お客さまが、ワクワクして来てくれるのです。

せっかく来ていただいたお客さまに、
不愉快な思いをさせてはいけません。

たとえ「末等」でも、
笑いながら帰っていただけるような、
楽しい抽選会を演出しましょう。

スタンプカード・福引券は、
お客さまに“ちょっぴりワクワク”していただくための
効果的な手法なのです。
うまく活用すれば、必ず成功します。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

|

« 「割引」より「割引券」 | トップページ | 野菜を売る。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/30006957

この記事へのトラックバック一覧です: スタンプ・福引券をケチらない。:

« 「割引」より「割引券」 | トップページ | 野菜を売る。 »