« ストア・コンセプトを創る。 | トップページ | 「○○のお店」イメージを植えつける。 »

お店の物語を創る。

コンセプトの無いお店は、繁盛しません。
すなわち、主張の無いお店のことです。

何を売っているお店なのか。
誰に売っているお店なのか。
どのように売っているお店なのか。
お店の提案はあるのか。

つまり、“あのお店は、こんなお店だ”と、
お客さまが明確に表現できるかどうかです。

すぐにイメージが浮かばないお店は、
やがて潰れる運命にあります。

もし、あなたのお店がそうならば、
いますぐ主張のあるお店に変身させましょう。
コンセプトを創りましょう。

そうは言っても、
何をどうすればいいのかがわからないですよね。
そんな方々に私は、「物語づくり」をお奨めしています。

お店がどうありたいのか。
どんなお店で、どんなお客さまに来ていただきたいのかを
ストーリーにするのです。
本当に簡単なストーリーでいいのです。

「30歳前後の夫婦が、
友人の結婚祝いを探すために、休日二人で出かけた。
ティールームを併設したそのお店で、
いま選んだお祝いの品について、
二人であれこれ話し合う。
他愛もない会話で盛り上がり、
楽しいひとときとなった。
2時間近くも話し込んでしまった。
家でもよく話をする方なのに。
そんなひとときをまた持ちたいと、
二人は思って、お店を出た」

思いつくままに、
お店づくりのストーリー(物語)を創ってみました。

品揃えや雰囲気については、何も書いていません。
しかし、何となくイメージが湧いてくるはずです。
これが、物語を創るということです。

あくまで、自分のイメージでいいのです。
ここから、お店の内外装や雰囲気、扱う商品、
ターゲットとするお客さまが想像できます。

これが、コンセプトとなるのです。
コンセプトが決まれば、
他のものは自然に決まってくるものです。
だから、大切なのです。

でも、こんな文章を創る必要はありません。
「こんなイメージ」を箇条書きにしてもかまいません。
自分がイメージできればいいのです。

箇条書きも難しい、と思うのなら、
雑誌の切り抜きをコラージュする方法もあります。

お店の雰囲気、お客さまのイメージ、
商品はこんな感じ……。
これらを1枚の紙に貼っていきましょう。

これをいくつかのパターンで作り、
もっとも自分のイメージに
ピッタリのものを選んでください。
あとは、その物語に合わせて、
お店を創り替えていけばいいのです。

最後に、実際に私が企業にご提案した企画書の中から、
物語をひとつご紹介しておきます。

ちょっと気取って書いていますが、
実際の私とはかけ離れたストーリー
だということを申し上げておきます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
「コーヒーショップのコンセプト提案において」

1週間前にやっと連絡が取れた。彼女は、出張が多い。
ひと月に一度ないし二度会えればいい方だった。

久し振りに会うことにしたのだが、
何処で会うかはなかなか決まらなかった。
電話で20分は悩んでいた。

そして結論として、彼女の提案を採用することになった。
街なかの雑踏を避けて、港に行くことにした。

彼女は、海が好きだ。
海さえあれば、僕もいらないくらいだった。

港のコーヒーショップで待ち合わせて、
船に乗ろうという提案だった。

船は、港をゆっくりとまわる遊覧船である。
彼女の指定したコーヒーショップに行ってみると、
そこはカウンターだけで、椅子のない小さな店だった。

立ってコーヒーを飲む。そこのメニューには、
数種類のコーヒーとサンドウィッチ、
ホットドッグだけが書かれていた。

約束の時間までは、まだ少しある。
この店は昔、船の待合所だったらしい。

なんとなくそんな雰囲気を残しながら、
どこか懐かしい感じがある。
あまり手を加えず、コーヒーショップに改装している。

そんな風に店を見渡していると、
彼女が僕の肩を軽く叩いた。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
どうでしょう。イメージできますよね。
文章としては中味がありませんが、
そこにお客さまのなにげない風景がイメージできれば、
お店づくりができます。
さあ、物語づくりにチャレンジしてみましょう。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

|

« ストア・コンセプトを創る。 | トップページ | 「○○のお店」イメージを植えつける。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/30430402

この記事へのトラックバック一覧です: お店の物語を創る。:

« ストア・コンセプトを創る。 | トップページ | 「○○のお店」イメージを植えつける。 »