« お店の物語を創る。 | トップページ | 店舗は商品であり、最大の広告媒体。 »

「○○のお店」イメージを植えつける。

見込み客の心の中に、
あなたのお店がどんなお店かを端的にわかってもらえる、
言葉やイメージを植えつけるのです。

これが、マーケティングにおいて、
もっとも効果的な方法だと言われています。

たとえば、企業の例では、
コカコーラは、『コーク』と呼ぶことで、
シェアを広げました。

日本では、コマーシャルの
『スカッとさわやか』という言葉で、
市場を拡大しました。

ヤマト運輸は、『宅急便』。
モノを送る時には、宅配便と言わずに、
宅急便と言ってしまいますよね。

では、ご近所のお店をイメージしてみてください。

愛想の良いお店、いつもおまけをしてくれるお店、
品揃えの良いお店、新商品がすぐに入るお店、
激安のお店、親切なお店、礼儀正しいお店……。

ご近所のお店をイメージした時は、
扱っている商品そのものではなく、
「商売のやり方・姿勢」などが
特長になっているとは思いませんか。
ここが、ポイントなのです。

モノが溢れている現在では、どこのお店に行っても、
置いてある商品にあまり差はありません。

売り方・見せ方に違いがあり、
それによって、繁盛するかどうかも決まっています。

お店づくりはコンセプトです。
それは、お客さまに来ていただくための導入部であり、
ファンづくりにおいても導入部なのです。

将来にわたって、“お馴染みさん”
でいていただくためには、
買うモノがなくても来ていただけるような
“○○のお店”イメージが必要なのです。

親しみの持てる、あるいは、
いつも楽しいお店だと思えるようなイメージです。

極端なことを言えば、
“面白いおっちゃんのお店”でもいいのです。
お客さまは忘れません。
おっちゃんのお馴染みさんができるのです。

もちろん、面白いだけではいけません。
お店や商品を充実させた上でのことですが。

店名を知られなくても、
この“○○のお店”が知られれば、固定客はできます。

これは、私のひらめきなのですが、
どこで買っても同じ商品を扱うお店における秘策です。
正統派のやり方ではありませんが。

たとえば、本屋さん。
本を買ったお客さまは、
いつも抽選で何かが当たる!というのはどうでしょう。
賞品は、安いものでいいのです。

どうせ同じ価格の同じ本を買うなら、
抽選のできるお店に行きませんか。

大したモノじゃなくても、
何もないよりは“もらえる”方がうれしいのです。

『いつも抽選のできる本屋さん』です。
イベントではありませんよ。いつもです。
日常の販促策としてやるのです。

この案は、異端すぎるかもしれませんが、
お店の特長としては、大きなアピール力となります。

“同じモノ”じゃなくても、
“同じレベル”のお店との差別化にも使えます。

味も値段もまあまあのラーメン店が2つあったとします。
メニューも似たり寄ったり。
お客さまもその日の気分で決めている感じです。

そこで「抽選のできるお店」を導入したら……

やはり、抽選に行きますよね。人間の心理です。
抽選で「割引券進呈」でもいいのです。
ほんの少しの差別化です。

どう考えても、お店や商品に特長がない、
という店主にはお奨めします。

ちょっと話が具体的になりすぎましたが、
このように「○○のお店」をお客さまの心に
植えつけることができれば、もう成功したも同然です。

ほら、頭をやわらかくして、
とんでもないアイデアを考えてみましょう。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

|

« お店の物語を創る。 | トップページ | 店舗は商品であり、最大の広告媒体。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/30497298

この記事へのトラックバック一覧です: 「○○のお店」イメージを植えつける。:

« お店の物語を創る。 | トップページ | 店舗は商品であり、最大の広告媒体。 »