« 入りやすいお店・入りにくいお店。 | トップページ | 空間の創り方・レイアウト。 »

それらしいお店の造り。

先日、あるラーメン屋さんに入りました。
長浜ラーメンのチェーン店のようです。

とんこつ味に、それほど執着はありませんので、
他にお店がないし、まあ、いいか、で入りました。

味もあまり期待していませんでした。

ところが、ところが、スープを口に入れて、
おや、まあ、ビックリです。
かなり濃厚な味わいなのですが、
とんこつ独特の臭みがまったくなく、
まったりとした深いコクがあります。
どうして、いままでこのお店に来なかったのか、
と後悔したほどです。

さて、ここからが本題です。

どうして、私がいままでこのお店に入らなかったのか?

“とんこつ”だということももちろんありますが、
「お店の外観」で、なんとなく判断していたのです。

建物は、ベージュの土壁。
屋根には、茅葺きのような演出。
ところどころ竹をあしらっています。

メニューを一品ずつ、
演芸場のような大きな看板に記入し、
壁にかけています。
この看板が無ければ、アジアン風のカフェのようです。

そうなんです。ラーメン屋に見えないんですよ。

看板でわかるのですが、「お洒落」を演出しすぎて、
“いかにもチェーン店”であることが
わかってしまうのです。

個人がここまではやりませんし、
お金がかかるので、できません。

私は、何度もこの前を通っていました。
でも、興味を持てませんでした。

“ラーメン屋らしくない”からです。

身近で流行っているラーメン屋を思い浮かべてください。
お洒落なお店が浮かびますか。

中には例外もあるでしょうが、
そのほとんどは、特に特徴も無い、
普通の造りのはずです。

“汚ったねぇ〜”と思えるお店もあったりします。
でも、流行っています。

それは、“ラーメン屋らしさ”ということで、
世の中に認知されているからです。

どこからどう見てもラーメン屋。
こういうお店の方が、入りやすいのです。

“らしさ”の中で、差別化を図る必要があるのです。

ブティックのような魚屋があったって、誰も入りません。
カフェのようなそば屋。日本建築のケーキ屋。
どう考えても、無理があります。

このラーメン屋は、内装もカフェ風でした。
美味しいのに、実にもったいない。

場所も幹線沿いで、まわりに商業施設が集まり、
駐車場も広く、入りやすい優れた立地です。
お昼時に入ったのですが、ほぼ満席でした。

しかし、味の良さから考えると、
多少の行列ができていてもおかしくないお店です。

なのに、行列が無いのは、
お店の造りの問題だと言えます。

ジワジワとお客さまは増えるかもしれませんが、
顧客拡大のスピードが鈍いのは、大きな損失です。

あなたのお店は“らしい”ですか?


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

|

« 入りやすいお店・入りにくいお店。 | トップページ | 空間の創り方・レイアウト。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/30828634

この記事へのトラックバック一覧です: それらしいお店の造り。:

« 入りやすいお店・入りにくいお店。 | トップページ | 空間の創り方・レイアウト。 »