« 正統派? 異端児? | トップページ | 声かけのタイミング。 »

接客は、商品以上に意味を持つ。

商品を買っていただくには、
お客さまをどう口説き落とすかを
考えなければなりません。

それは、セールスのテクニックだけの問題ではなく、
お客さまをおもてなしするための
心構えの問題でもあります。

愛する人に振り向いて欲しいがために、
毎日ラブレターを書くのも“手法”としてはありますが、
それだけでは心は伝わりません。

自分自身を磨いたり、相手を思いやる心を学んだり、
伝え方も知る必要があります。
つまり、告白する前に「準備」をしなければなりません。
これが、『接客』の第一歩なのです。
テクニックを憶える前にやるべき準備編なのです。

お客さまに気持ちよくお越しいただき、
心地よいひとときをお過ごしいただき、
満足してお買い物、飲食していただく。

これが、“お客さまに尽くす”接客の基本なのです。

当り前と言えばそれまでですが、
これができていないから、潰れるお店が多いのです。

商品の善し悪しだけでは、
これだけたくさんのお店が潰れることはありません。
商品にそれほど違いはないのです。

お客さまを満足させられるかどうかなのです。
だから、「接客は、商品以上に意味を持つ。」
と言っているのです。

では、満足していただくためには、
何を準備しなければならないでしょうか。

●お店の経営理念を理解しているか。身についているか。
●お客さまを思いやる心、感謝の気持ちを持っているか。
●売っている商品の社会的位置づけをわかっているか。
●生活シーンでの商品の役割、
 つまり、深い商品知識を持っているか。
●接客のテクニックを身につけているか。

これらの項目が、基本的な条件として挙げられます。
店主および接客担当者は、
最低限身につけておかなければいけません。

それでは、物理的な準備には何が必要でしょうか。
お客さまに来ていただく前に、やっておくべきことです。

■商品・お店の準備

 ●商品はすべて揃っているか。
 抜けているものはないか。
 あれば、直ちに補充しておく。
 ●店内はキレイに掃除できているか。
 不要なものが出ていないか。
 ●照明・音楽・ディスプレイは、整っているか。

■その他の準備

 ●POP・プライスカードなどはすべて出ているか。
 ●カタログ・パンフレットなどは揃っているか。
 ●備品・消耗品などは補充しているか。

こうした心構えと物理的な準備ができて初めて、
お客さまをお迎えすることができるのです。

愛する人に振り向いてもらうのは、
簡単なことではありません。
労をいとわず、できる限りの努力を
しなければなりません。

これができれば、
繁盛店経営のスタートラインに立てるのです。
そう、スタートラインに立てるだけです。
そこからやっとレースが始まるのです。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

|

« 正統派? 異端児? | トップページ | 声かけのタイミング。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/31515453

この記事へのトラックバック一覧です: 接客は、商品以上に意味を持つ。:

« 正統派? 異端児? | トップページ | 声かけのタイミング。 »