« 看板へのこだわり。 | トップページ | マンネリ。 »

お店に飽きる。

“お客さまが来ない”
そう悩んでいる店主が考えることと言えば、
「宣伝が足りない?」「場所が悪い?」
「品揃えが良くない?」「販促策が失敗?」……
など、ですよね。

確かにそれもありますが、
いま一度、お店を外から見直してみてください。

半年前と今日。もしかして、1年前と今日。
見ためがあまり変わっていないのではないですか?

それは、品揃えやディスプレイの問題です。
あまり売れないから半年前と同じものを売っている。
宣伝・販促のことばかりを考えているから、
ディスプレイのことまで考えていなかった。
そんなところでしょう。

この結果、どうなるか?

お客さまが“飽きる”のです。

お客さまからすれば、いつ前を通っても同じ、
では、興味がわきません。
たとえ常連さんでも、いつも同じでは、
そのお店に行く期待感がなくなり、
足が遠のいてしまいます。

お客さまは、常に「何か新しいものはないか」
「良いものが入っていないか」
「お買い得なものはないか」と探しているのです。

その期待感を刺激しなくては、
お客さまはお店に入ってはくれません。

では、何をすればいいのでしょうか。簡単なことです。

『模様替え』です。

小さなお店なら、
それほど手間のかかることではありません。

商品の場所、飾り方、レイアウトなどを
変えればいいのです。
これだけで、お店のイメージは大きく変わります。

お客さまに、新しい期待感を抱かせることができます。
“いつも同じディスプレイなのに、
流行っているお店だってあるじゃないか”
そう思われる方もいるでしょうが、
それは、売れているために、
商品が絶えず入れ替わっているから、
そこに期待感があり、飽きないのです。

「商いは、飽きない。」

よく言われる言葉ですが、
それはお店にとってだけではなく、
「お客さまが飽きない」という意味でもあるのです。
飽きさせてはいけません。

ポスター、POP、小物なども
ずっと同じではありませんか?

季節や行事ごとに変えることを考えた方がいいでしょう。

ポスターは、
メーカーや業者が持って来たものはやめましょう。
はっきり言って、“ダサいお店”はみんな使っています。

手づくりでもいいし、
いまならパソコンでも簡単に作れます。
ヘタでも構いません。心を込めれば、伝わります。

POPは、手書きで充分です。
伝えたいことを書けばいいのです。
難しいと感じるなら、「売れるPOPの創り方」などという
書籍を参考にすればできます。

ディスプレイ用の小物などは、百円均一のものでも、
使い方によっては、面白い演出ができます。
これも主婦向け雑誌などに、
“100円インテリア”というような記事が載っています。

プロをマネる必要はありません。
素人らしさで一生懸命にやればいいのです。
プロをマネると、
どこも同じようなお店になるだけですから。

お客さまは、「他と違う」を求めています。
これが、興味、期待感につながるのです。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

|

« 看板へのこだわり。 | トップページ | マンネリ。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/31352852

この記事へのトラックバック一覧です: お店に飽きる。:

« 看板へのこだわり。 | トップページ | マンネリ。 »