« 長居のできるお店。 | トップページ | 共通の話題で、仲間意識を。 »

店員の居場所。

暇なお店には、共通点があります。
繁盛しているお店とは、明らかに見ためが違うのです。

それは、店主や店員が“暇そう”にしている、
ということです。

お客さまは来ないのだから、
それは当り前のように思われる方もいるでしょうが、
それは違います。

商店街や専門店街を歩いていると、
その違いがハッキリと見て取れます。

・店主がカウンターの中に座り、新聞を読んでいます。
・ポータブルテレビを見ています。
・店主から言われて仕方なく
 店頭でボーッと立っている店員がいます。
・店員どうしでおしゃべりに夢中になっています。

こんなお店には、お客さまの姿はありません。
それは、当然のことなのです。
あなたがお客さまの立場だったら、
そんなお店に入りますか。
目的があって行く時以外は、入りませんよね。
つまり、通りがかりで入るには、
「入りづらい」お店なのです。

・暇そうにしている=流行っていない。
・暇な店主・店員=話しかけられるかも。
・じっとしている=じっと見られそう。

お客さまは、お店を見た一瞬で、
このように感じるのです。

では、店主・店員はどうすればいいのでしょうか。

まずは、店員の居場所を作ることです。

これは、店員だけが入ることができる
カウンターなどです。

じゃあ、カウンターに座っていてもいいじゃないか、
と言われるかもしれませんが、
何をしているかが問題なのです。

新聞やテレビでは、“暇なお店”です。
仕事をしてください。
伝票の整理でも、DMの宛名書きでもかまいません。
とにかく動いていることが大切です。

補足ですが、カウンターは、
できれば入口に向かっていない方が、
お客さまは安心します。

また、商品や棚などで見えにくくなっている場所の方が、
お客さまは自由に店内を回遊できます。

カウンターの無いお店では、
すべてがお客さまの空間だと考え、
お客さまの邪魔になるような場所にいてはいけません。

空いた空間で、商品の整理や陳列などの作業をします。
店員が作業をしていると、お客さまは店員を気にせず、
商品に近づくことができます。

また、お客さまが来たからと作業の手を止め、
すぐに応対する必要はありません。
もちろん、ご挨拶は必要ですが、
すぐに応対されると、お客さまは引いてしまいます。

『お店はお客さまの空間』であることを第一に考え、
お客さまの邪魔をせず、自分の居場所・仕事を
確保することが大切です。
やることはいくらでもあるはずです。

私がよく行くショッピングセンターでも、
暇なお店はたくさんあります。
人が入っているのをあまり見たことが無い、呉服店。
ここでは、いつも店頭に店員がボーッと立っています。
入りづらいお店の典型です。

その隣の宝飾店でも、店員がボーッと立っている上、
商品を見ようとすると、近づいて来て、話かけられます。

小さな鞄店は、お店が狭いのに、
店員が中央付近で入口に向かって立っています。

たった一軒だけ、いつもお客さまが
たくさん入っているお店があります。
靴屋さんです。
決してお洒落でもなく、
商品の陳列が美しいわけでもありません。
通路にもはみ出すように、靴がたくさん並んでいます。

商品の多さも強いアピールになっていますが、
店員が近づいて来ることも、
話しかけることもないのが、このお店の良いところです。

お客さまは、好きなだけじっくりと商品を見て、
選べるのです。ショッピングの楽しさを味わえるのです。

店員は忙しそうに作業をしています。
陳列を手直ししたり、商品を補充したり。
店員の存在がまったく気になりません。
自由なお客さま空間を創り出しているのです。

暇だからといって、暇そうな顔をしていてはいけません。
そんな時こそ、「流行っているフリ」をしてみましょう。
暇そうに見えなければいいのです。

そのためには、居場所の確保と作業をすることです。
それでもダメなら、ちょっとナナメから見た手法を
試してみても良いでしょう。

・あるラーメンチェーン店では、新規オープンの時には、
 行列ができるようにバイトを雇っています。
・ディスコが流行っていた頃。あるお店では、
 店内が空いているのに、わざと入口に
 お客さまを待たせて“人気を演出”していました。

このように「見せかけ」を試します。
もちろん、中身を充実させていなければ、
入って来たお客さまは逃げてしまいますが。

家族や友人に“さくら”を頼むのもアリです。
お客さまが入っていることがわかれば、
他の通りがかりのお客さまも入りやすくなります。

これは、卑怯な手でも何でもありません。
宣伝のひとつです。
ウォークマンだって、最初は“さくら”を使い、
文化にまでなったのですから。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

|

« 長居のできるお店。 | トップページ | 共通の話題で、仲間意識を。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/31947919

この記事へのトラックバック一覧です: 店員の居場所。:

« 長居のできるお店。 | トップページ | 共通の話題で、仲間意識を。 »