« 決めのひとこと。 | トップページ | お客さまが一番欲しがるサービス。 »

完璧な陳列では、人は買わない。

商品も豊富に揃っている。すべて見やすい位置にある。
手に取りやすい。
商品のフェイス(顔)も正面を向いている。
キレイに並べられ、見ためは美しい。
ディスプレイコンテストなら、入賞間違いなし。

そんな売り場の陳列を想像してみてください。

もし、あなたのお店が、
こんな完璧な陳列をしていたなら、
売り上げは良くないはずです。

“どういうこと?”と思われるでしょうが、
それは「スキ」が無いからです。

見ているだけなら、それでもいいのですが、
実際に商品を手に取ろうとすると、
その完璧なバランスを壊してしまいそうで、
緊張するのです。
気後れしてしまいます。

そうなると、居心地も悪くなり、
お店を出たいと思うようになります。

これでは、売り上げにはつながりませんよね。

女性にたとえて話しましょう。

Aさんという女性とBさんという女性がいるとします。
Aさんは、容姿端麗、頭脳明晰。
いつもお洒落で、仕事もバリバリこなします。

Bさんは、美人とは言えないけれど、
いつも笑顔で明るい人。
時々ドジなこともしてしまいます。

あなたが男性なら、どちらの女性と結婚しますか?
女性なら、男性に置き換えて考えてください。

ほとんどの方が、Bさんを選ぶのではないでしょうか。

カクテルパーティに連れて行くなら、
Aさんかもしれませんが、
家でいつも一緒にいるなら、Bさんだと思います。

人間は、スキの無い完璧なものを見ると、
無意識に「近寄りがたい」というイメージを持ち、
避けてしまうのです。

Bさんのように、美人ではなく、ドジな人に対しては、
親近感を持ち、いとおしくなるものです。

完璧なものに囲まれてしまうと、疲れてくるのです。
適度にバランスが崩れている方が
落ち着き、安心します。

私がスーパーに勤めていた時に、それは実感しました。

開店前に、商品の補充や陳列をして、
“これで良し”と自分では完璧なつもりで、
お客さまをお迎えしていました。

自慢ではありませんが、
私は陳列がウマいと言われていましたので、
見ためはキレイなんです。

特に、商品を積み上げて見せる「エンド」の陳列です。
「エンド」というのは、陳列棚の端の部分で、
売り出し商品などを並べるところです。

この部分で、階段状に商品を積んだり、
上から下まで、ビシッと線を揃えたりしていました。
ところが、売れないのです。
あまりに、キレイに積みすぎていたのです。

特売品なら、陳列の美しさは
それほど影響しないのですが、
1週間通しての売り出し程度の商品では、
売れませんでした。

ほんの少しでも売れ始めると、
完璧なバランスが崩れ、売れ始めるのですが。

私は、間違っていたのです。
自分のセンスの良さを見せびらかすために、
陳列していただけだったのです。
お客さまのことを考えていなかったのです。

お客さまが、
あまりにもキレイに並べられた商品を見ると、
「このお店、売れていないのかな」と
疑ったりしてしまうのです。

また、気の弱いお客さまなら、
キレイなものを壊すことに抵抗を感じる場合もあります。

そう思われないようにするには、
商品を積む山の高さを変えたり、
歯抜けの部分を作ったり、
バランスを適度に崩す必要があるのです。

すると、その部分を見たお客さまは、
「これは売れているのね。私も……」
という反応をするようになります。

また、よくやってしまう間違いですが、
キレイに陳列した商品が売れたからと、
すぐに補充してしまうことです。

その部分は、“売れています”ということの
証明になっていますので、
商品を整えるだけにして、すぐには補充しない方が良い、
ということになります。

難しいかもしれませんが、これが人間の心理なのです。

言葉は悪いのですが、
これを逆手に取った陳列法を考えながら、
あなたのお店を見直してみてください。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

|

« 決めのひとこと。 | トップページ | お客さまが一番欲しがるサービス。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/34902339

この記事へのトラックバック一覧です: 完璧な陳列では、人は買わない。:

« 決めのひとこと。 | トップページ | お客さまが一番欲しがるサービス。 »