« 質を落とすと、すぐにバレる。 | トップページ | プライスカードも立派な店員。 »

価格がわからない不安感。

あなたがお客さまの立場である時。

たとえば、見るからに高級そうな
レストランがあるとします。

お店の前をいつも通っていて、
一度入ってみたいと思っていました。
でも、入れないのです。

それは、“高そう”だから。
つまり、不安なのです。
どれだけ取られるのだろう、と、
わからないからですよね。

このお店が、常連客やお金持ちしか相手にしない、
というのなら、そんなお店の雰囲気でも、
何の問題もありません。

しかし、もっとお客さまを
増やしたいと考えているのなら、
このお客さまの「不安感」を取り除く必要があります。

“高そう”。

この不安感をなくすために、
安くしろと言うのではありません。
価格をわかるようにすることです。

高い安いの問題ではなく、
支払いの目安をお客さまにお教えすることです。
高くても、価格がわかれば、
納得したお客さまは入ります。

一膳めし屋なら、紙に手書きの文字で、
メニューと価格を書けばいいでしょう。
ちょっとお洒落なお店なら、
小さな黒板にチョーク文字で書くことも考えられます。

ヨーロッパの飲食店では、定番メニューと価格を
入口横に掲示しているところがたくさんあります。

安いお店では、看板に印刷していますし、
高級なお店では、ガラス張りの掲示板の中に、
メニューをそのまま貼って、
夜になると、照明を当てたりしています。

それだけ、お客さまが価格にシビアだからです。
やはり、価格のわからないお店には入りづらい、
ということです。

しかし、日本のお店ではまだまだです。
特に、小料理屋・居酒屋は、価格がわかりません。

入ってみて、自分が思っていた以上の価格だったら、
このお客さまは二度と来ません。
よほどの満足感が無い限り。

もし、入る前にわかっていたら、不安も不満もなくなり、
気に入っていただける可能性も高くなります。

価格がわからない、ということは、
敷居が高いということです。
これでは、お客さまは入りません。

敷居を低くするためには、
価格をわかるようにするだけでいいのです。

これは、飲食店に限ったことではありません。
どんなお店でも、お奨め商品などを価格と一緒に、
店頭でお知らせしておくことが大切です。

ひとつでもふたつでも価格がわかると、
お客さまは安心されるのです。

この「価格を表示する」という方法が、
どれほど効果のあることか……
それは、実践すればわかります。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

|

« 質を落とすと、すぐにバレる。 | トップページ | プライスカードも立派な店員。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/34624125

この記事へのトラックバック一覧です: 価格がわからない不安感。:

« 質を落とすと、すぐにバレる。 | トップページ | プライスカードも立派な店員。 »