« 店主の想いを従業員に。 | トップページ | 商売人は、ソムリエになれ。 »

出口にメッセージを掲示する。

お客さまがお店から出ようとしています。あなたは?

「ありがとうございました」
「また、お越しください」

普通は、そうですよね。
しかし、ここでもう一度、
お客さまをお店の中に引き戻す方法があります。

『本日は、○○がお安くなっております。
 ご覧になられましたか?』

と、声をかけるのではなく、
メッセージボードや紙に書いて、
出口付近に掲示しておきます。

つまり、出て行かれるお客さまの
眼に飛び込むように、貼るのです。

声をかけると、嫌がるお客さまもおり、
次回から来ていただけなくなるかもしれないので、
ボードや貼り紙なのです。

もちろん、このメッセージは、
特価品、新商品、お奨め品などを
あなたの言葉で語ってください。

お買い得品なのに、気づかなかったお客さまに、
教えてあげることで、注意喚起し、
興味を持っていただく方法です。

帰宅してから、売り出しだったことを知ると、
悔しい思いをします。損をした気分にもなります。

“安い”“お得”“新しい”に、お客さまは敏感ですから。

では、なぜ、このボードや貼り紙を
入口や店内に掲示せず、
出口に掲示するのでしょうか。

お客さまは、買う予定のある商品のところへ、
まっすぐに向かう傾向があります。
「忘れないうちに…」「無くならないように…」
という意志が働き、そうなります。

商品を手にしたら、そこで初めて、
心理的余裕ができて、
他の売り場をまわることもあります。

ただ、目的買いで来店したお客さまは、
目的を達すると、すぐに帰ってしまう場合が多く、
なかなか他の商品をじっくり見ていただけません。

だから、入口や店内に貼っていても効果が無いのです。
まったく、眼に入っていないからです。

そこで、出口付近なのです。
買物を済ませた安堵感から、気持ちに余裕ができ、
まわりが見えるようになっています。
その瞬間が、出口付近です。

ここで、
『本日は、○○がお安くなっております。
 ご覧になられましたか?』

「えっ、そうだったの!」
と、気づかせます。

すると、また店内に
戻っていただける可能性が生まれます。

一度、試してみてください。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

|

« 店主の想いを従業員に。 | トップページ | 商売人は、ソムリエになれ。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/37717550

この記事へのトラックバック一覧です: 出口にメッセージを掲示する。:

« 店主の想いを従業員に。 | トップページ | 商売人は、ソムリエになれ。 »