« 輸入文化は、日本流アレンジで。 | トップページ | 安くなくても“売れる”。 »

取引業者に礼を尽くせ。

“安く仕入れて、高く売る”。

言葉のイメージは良くありませんが、
商売としては、当然のことであり、
実践しなければ、儲けることはできません。

しかし、店主の中には、そればかりを考えて、
取引業者をイジメている方も結構います。

「仕入れてやっている」「いやなら、取引しない」
という態度で、上から見下ろしています。

弱みにつけ込んで、とんでもない無理を言ったりします。

お客さまに喜んでいただくための商品は、
取引業者がなければ、入ってきません。

納入業者・下請けではなく、協力会社である、
という意識を持って接しなければいけません。

一緒になって、お客さまを喜ばせることが、
お店と取引業者の繁栄につながるのですから。

取引業者とより良い関係を築くには、
互いの夢や基本姿勢を確認し合い、充分に理解し合える、
真の協力者と手を組むことが大切です。

こちらが採算を考えるように、
取引業者にとっても大切なことです。

相手を無視して、
自分のお店の主張だけを押しつけてはいけません。

商売においては、何事もギブ・アンド・テイク。
相手を立てれば、こちらも立つ、というのが商売です。

取引業者に儲けさせてあげる、
くらいの気持ちが必要です。

業者を儲けさせてあげるためには、
自分のお店が適正な価格で仕入れなければいけません。

そして、無理な値切りをしないためには、
儲かる仕組みを考える必要があります。

儲かる仕組みができれば、無理な値切りをしなくても、
お店は儲かるようになります。

これで、お店と業者が、
互いに繁盛することになるのです。

その仕組みづくりのためにも、
業者に協力を仰ぎ、ともに考えることが大切なのです。

決して、ふんぞり返って、
傲慢な態度を取ってはいけません。
そんな恥ずかしい人間は、商売人の資格がありません。
人間としても、最低レベルです。

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

|

« 輸入文化は、日本流アレンジで。 | トップページ | 安くなくても“売れる”。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/38971537

この記事へのトラックバック一覧です: 取引業者に礼を尽くせ。:

« 輸入文化は、日本流アレンジで。 | トップページ | 安くなくても“売れる”。 »