« 井原西鶴の「商人道」を忘れるな。 | トップページ | 関連商店の連携で、広告費を節約。 »

“売り”を探すなら、お客さまに聞け!

商売を成功させるための秘訣は、
他店には無い“売り”を持つこと。

マーケティング関連の書籍には、そう書かれています。

言うは易し、行なうは難し。
そんなことは、誰もがわかっています。

“売り”を探す方法がわからないから、
苦労しているのです。

世の中に出ている商品に大差は無く、
価格でのみしか、違いを見つけることができない。

そう思い込んでしまった店主が、値下げに踏み切り、
不要な競争に巻き込まれて、やがて潰れてしまうのです。

値下げ競争には、絶対に足を踏み入れてはいけません。
個人商店に勝算はありませんから。

だからといって、商品で差別化できるのかというと、
容易ではありません。

日本中、世界中から、
珍しいモノを集めることができるのは、
大手商社や百貨店ぐらいで、
中小企業や小さなお店では不可能です。

だとすると、できることは何なのか。

『売り方&サービス』

これしかありません。

お客さまが求めている売り方、
お客さまが望んでいるサービスを、
ブレること無く提供できるかどうかが、カギを握ります。

どれだけ優れた商品を買おうと、
どれだけ安く手に入れようと、
お客さまが満足するとは限りません。

お客さまの求めるモノ、望むモノを提供することが、
「満足」に繋がるのです。

では、お客さまが求めるモノ、望むモノを知るには、
どうすればいいのでしょうか。

新聞・雑誌・テレビなどから、
情報を得る方法もありますが、
その情報がそのまま、
あなたのお客さまに当てはまるかどうかは、
わかりません。

もっとも間違いの少ない方法が、ひとつあります。

「お客さまから直接話を聞く」ことです。

買ったお客さま、買わなかったお客さまに、
ずばり聞くのです。

どうして買ったのか、どうして買わなかったのか、
何が良かったのか、どこに問題があったのかを
聞き出します。

時には、住所のわかっているお客さまを訪ねて行き、
意見を求めるのも良いでしょう。

聞きたくはなかったクレームが
出てくるかもしれませんし、
落ち込むような話があるかもしれません。

しかし、知らなければ、
そのまま大きな問題になる可能性だってあります。

お客さまから直接話を聞くことは、
非常に重要なことです。

聞かなければ、何もわかりません。
聞けば、見えなかったことが見えてきます。

お客さまの求めるモノ、望むモノがわかれば、
何をすれば“売り”になるのかも、
自然とわかるようになります。

情報収集や分析、勉強も大切ですが、
お客さまから聞くことが、一番早い方法なのです。

お客さまにどんどん教えていただきましょう。

お客さまの声に耳を傾けるという姿勢は、
お客さまからも好意的に見ていただけ、
「信頼」に繋がるものです。

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

|

« 井原西鶴の「商人道」を忘れるな。 | トップページ | 関連商店の連携で、広告費を節約。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/44004954

この記事へのトラックバック一覧です: “売り”を探すなら、お客さまに聞け!:

« 井原西鶴の「商人道」を忘れるな。 | トップページ | 関連商店の連携で、広告費を節約。 »