« 芸を磨くのがプロ! | トップページ | 追いつめられるバイヤーになれ。 »

専門店への道を探る。

近くに大型店ができる。
同業種のチェーン店がやって来る。
あなたは、どうしますか?

セールを実施する?

大型店より安くはできません。

イベントをやる?

小規模なイベントには、
なかなか興味を持ってもらえません。

お客さまとのコミュニケ−ションを図り、
密な関係づくりをめざす?

これまでに築いてきた関係があるのなら、
可能性は高いのですが、いまからでは遅過ぎます。

結局はほとんどのお店が、
何もできないまま、消えていくのです。

こう言うと、救いが無いように感じるかもしれませんが、
そんな結果をもたらす責任は、
すべて店主である、あなたにあるのです。

取り敢えず商売が成り立っていることに安心して、
何も考えてこなかったことが原因なのです。

「もし、大型店が…」「もし、チェーン店が…」
「もし、大不況が…」

お店の将来を左右する、
あらゆる可能性を考えていなかった、あなたの責任です。

文句は言えません。
愚痴を言うのもやめてください。

繁盛しているお店を研究してきましたか。
お客さまの声を聞いてみましたか。

商品力を高める。接客技術を向上する。
お客さまとの繋がりを強固なものにする。

そんな努力を続けてきたでしょうか。

耳の痛い方が多いのではないでしょうか。

大型店・チェーン店が、まだ来ていないのなら、
いますぐに始めてください。

「うちは田舎だから、来ないだろう」
と思うのは大きな間違いです。

巨大ショッピングセンターは、田舎を狙っています。

それまでに、強靭な体力を持ったお店に
作り替える必要があります。

そのひとつの方法として、「専門店化」があります。

品揃えや価格では、大型店・チェーン店には勝てません。

ならば、商品を特化して、「○○なら、佐藤商店」
と言われるくらいの専門店化を図る方法もあります。

ただし、常連さんや地域性のことも考えて
実施しなければいけません。

突然替えてしまうと、お客さまが戸惑い、
離れていってしまうかもしれませんから。

たとえば、お肉屋さんが
ハム・ソーセージ専門店に替わった例もあります。

特色を出すために、松阪牛専門になったお店も。

大きいサイズ専門の服屋さんも時々見かけますよね。
だったら、小さいサイズ専門店が
あってもいいと思います。

ある酒屋さんでは、ネット販売を始める際、
他店と差別化するために、
「梅酒専門」のサイトをオープンしました。

「香典返し専用」の製茶メーカーもあります。

ある分野の商品に関して、
いろいろ揃えているお店はどこにでもあり、
お客さまに強い印象を持たれることはありません。

しかし、ひとつの商品に絞り、
それに関してはどこにも負けない、というお店は、
お客さまに強烈なインパクトを与えます。

「○○を買うなら、あのお店に行かなくては…」
と、お客さまに思っていただけるのです。

これは、大きな強みです。

 

 

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

 

 

|

« 芸を磨くのがプロ! | トップページ | 追いつめられるバイヤーになれ。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/45700249

この記事へのトラックバック一覧です: 専門店への道を探る。:

« 芸を磨くのがプロ! | トップページ | 追いつめられるバイヤーになれ。 »