« 四季を味わえるお店は飽きない。 | トップページ | 「広範囲」よりも「繰り返し」。 »

商品の価格差は、質の差ではない。

大阪・池田の銘酒「呉春(ごしゅん)」。

一時は、まったく手に入らないほどの人気で、
いまもなお、ファンを魅了し続けています。

その中でも、「呉春・特吟」と言われる大吟醸は、
いまも手に入りにくく、お店によっては、
入荷即完売の状態が続いています。

この「呉春」は、私も飲んだことがありますが、
フルーティなどという、安っぽい表現が似合わない、
威厳のようなものを感じました。

ひと口含むと、旨い湧き水のごとく、
すっきりとした清涼感と透明感を持ち、
喉もとを過ぎると、米の香りが鼻腔をくすぐります。

初めての体験に、「大きな衝撃を受けた」
と表現しても、言い過ぎではありません。

このお酒は、1本4000円を超えますが、
それ以上の価値があります。

一方、スーパーで売っている、1.8L紙パックの日本酒。

1000円ほどでありますが、
私はこれをマズいとは思いません。

あれこれ飲んでみると、
中には「これで1000円なら安い」
と思えるものもあります。

普段飲むには「呉春」は高い。
だったら、紙パックでも充分に楽しめます。

では、「呉春」と「紙パック」の違いは、
どこにあるのでしょう。

実は、味ではありません。
価格差が3000円もあるほど、味に違いは無いのです。

蔵元やファンには怒られそうですが、
そこまで味のわかる人は、あまりいません。

3000円の差は、『物語』にあります。

「呉春」が生まれるまでには、
米の栽培、磨き、水、醸造、
そして杜氏の姿が、見えているのです。

また、蔵元の歴史に支えられているのです。

そうした裏にある『物語』を、
飲む側が知っているからこそ、
そこに価値を見出し、高いお金を払うのです。

お酒に酔うのではなく、『物語』に酔うのです。

これからの個人商店は、
安いだけの商品を扱ってはいけません。

それは大型店・チェーン店に譲り、
『物語』のある商品を置いてください。

そこに、人びとは集まるのです。

 

 

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

 

|

« 四季を味わえるお店は飽きない。 | トップページ | 「広範囲」よりも「繰り返し」。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/46258248

この記事へのトラックバック一覧です: 商品の価格差は、質の差ではない。:

« 四季を味わえるお店は飽きない。 | トップページ | 「広範囲」よりも「繰り返し」。 »