« 季節の絵手紙で、常連さんとの絆を。 | トップページ | お客さまを想う気持ち。 »

宣伝すると、“評判”が悪くなる。

情報誌に載っていたお店に行ってみると、
想像と違っていて、ガッカリした。
そんなことはよくありますよね。

情報誌など、信用できないことは
わかっているはずなのに。

しかし、経営者の立場で考えると、
取材して欲しい、掲載されたい、と思ってしまいます。

それは、当然の心理です。

都会なら、小さな飲食店でも、1回掲載されると、
1千万円の売り上げ増になる、とも言われていますから。

集客に苦労しているお店なら、夢のような話です。

しかし、目先の利益に釣られると、
とんでもない失敗をしてしまいます。

飲食店の方なら、よくご存知の「ミシュラン」。

星を取りたい、と憧れている方もいることでしょう。

ミシュランに掲載されることは、
光栄なことであり、誇りでもあります。

どんどんお客さまが押し寄せ、
嬉しい悲鳴を上げることになります。

店主の望んでいた光景が、眼の前に現れるのです。

これで、商売は順風満帆。

……とはいかないのが、ミシュランの恐ろしさなのです。

たくさんの人が押し寄せると、
その騒々しさを常連さんが嫌い、
去って行くことになります。

だからといって、
新規のお客さまが残ってくれるのかというと、
そんなことはまずあり得ません。

情報誌を見て来るような人は、興味本位なので、
一度“体験”すれば、それで満足してしまい、
次に来ることはありません。

つまり、常連さんが去った後、時間の経過とともに、
新規客の姿も消えていくのです。

実際に、これによって閉店してしまったお店もあります。

本当に常連さんを大切にしているお店は、
ミシュランに選ばれても、掲載を辞退しています。

一番大切なお客さまに、迷惑が掛かるからです。

また、常連さんの多いお店は、
あまりマスコミには登場しません。

元々、宣伝で集客したわけではなく、
口コミによって“評判”が広がり、
心から満足したお客さまが、リピーター・ファンという、
常連さんになっていったのです。

“評判”が良くなるような努力を続けていたからこそ、
人から人へ、その良さが伝わったのだと言えます。

マスコミに登場することが、
ダメだと言っているのではありません。

マスコミをキッカケに、
繁盛し続けているお店もあります。

その前に、
“大切なことを忘れていませんか?”と、
問いたいのです。

宣伝して集まったお客さまを
ガッカリさせるようなお店では、
宣伝が無駄になるばかりでなく、
悪い評判さえ立ってしまいます。

そうなると、先は見えています。

大切なのは、宣伝することではなく、
評判が良くなるような努力をすることです。

「宣伝」と「評判」は、似て非なるものです。

 

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

|

« 季節の絵手紙で、常連さんとの絆を。 | トップページ | お客さまを想う気持ち。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/47630369

この記事へのトラックバック一覧です: 宣伝すると、“評判”が悪くなる。:

« 季節の絵手紙で、常連さんとの絆を。 | トップページ | お客さまを想う気持ち。 »