« 屋台のラーメンから学ぶべきもの。 | トップページ | 「商品体験」が従業員を育てる。 »

「特色」を言葉で表現できるか?

あなたのお店は、どんなお店ですか?
30字以内で説明してください。
 
はたして、あなたはできるでしょうか。
 
言葉が出てこないようなら、あなたのお店は
コンセプトがしっかりしていないお店です。
 
軸がブレている、イメージの弱いお店だと言えます。
 
つまり、お客さまから見て、
あまり印象に残っていないお店だということです。
 
これでは、右肩下がり、
先細りしていくしかありません。
 
原因としては、店主が集客ばかりにこだわり、
あれこれ欲張り過ぎていることが考えられます。
 
お客さまの声を聞き過ぎていたり、
流行を気にし過ぎることで、
特色を絞り込めていないのです。
 
本当に価値のあるものを
見落としているのかもしれません。
 
「小麦粉の香りが楽しめる、
 厳選素材で作った本物のパン屋」
 
「珈琲がもたらす、豊かな時間を味わえる店」
 
「ベトナムの“匂い”“風景”が浮かび、
 行きたくなる雑貨を扱う店」
 
このように、短い言葉で端的に表現できるかどうか。
これが、特色の絞り込みです。
 
絞り込むことで、注力すべきことが見えてきます。
 
全神経をそこに集中させることで、特色が際立ち、
お客さまの印象に残るお店となっていくのです。
 
また、ひとつのことに集中できれば、
それが自信へと繋がり、善循環していくのです。
 
集客できないからと、
慌ててあれこれ手を出すのではなく、
そんな時こそ、落ち着いてじっくりと
考え直してみてください。
 
本当に自分が売るべきものは何なのかを。
 

 

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

|

« 屋台のラーメンから学ぶべきもの。 | トップページ | 「商品体験」が従業員を育てる。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/54429966

この記事へのトラックバック一覧です: 「特色」を言葉で表現できるか?:

« 屋台のラーメンから学ぶべきもの。 | トップページ | 「商品体験」が従業員を育てる。 »