« “お客さまを想う”ということ。 | トップページ | 自信はあるのに売れない。ならば、通販。 »

“早い者勝ち”を忘れてはならない。

どれだけ優れた商品・サービスを提供しても、
動きの遅いビジネスは成功の可能性が低いものです。

逆に、“そこそこ”程度の商品・サービスであっても、
いち早く世に出し、真っ先のPRしたところは、
成功の可能性が高くなります。

『巧遅(こうち)は拙速(せっそく)に如(し)かず』。

孫子の兵法にも登場する言葉です。

マーケティング理論においても、
「No.1」になることの大切さを説いています。

「地域で一番になれ」「カテゴリーで一番になれ」。

これはビジネスの規模のことではなく、
スピードの速さなのです。

「○○のことなら、ココ!」と思われるよう、
すばやくPRすることです。

言葉のイメージは良くありませんが、
「早い者勝ち」なのです。

人は、一番以外を記憶しません。

二番手以下は、どこも同じなのです。

良く出てくる例えとして、次のような問答があります。

日本で一番高い山は? と聞かれると、
「富士山」と言えますが、二番目は?

ほとんどの方は言えないはずです。

クイズマニアなら良くご存知ですが、
「北岳」という山です。

では、日本で二番目に大きな湖は?

一番は琵琶湖だと誰もがわかりますが、
二番目が「霞ヶ浦」だとは知りません。

このように、
二番手以下は知らない存在となってしまうのです。

一番になることの大切さがわかりますよね。

そのために“日々精進すること”は、
もちろん大切なのですが、
この話のポイントは「スピード」です。

早く知らしめることの重要性を話しているのです。

世の中には、「元祖」「本家」がたくさんありますが、
お客さまがNo.1だと思っているのは、
自分が見聞きしたことのあるお店の方なのです。

例えば、珍しい商品を開発して、
売れ始めたお店があるとします。

そこに、それをマネして売り出したお店が、
メディアを使って広告を打ったとしたら、
お客さまが最初に知るのは、マネした方のお店です。

すると、このお店が元祖だと
無意識に思い込んでしまうのです。

いくら「うちが元祖だ!」と言ったところで、
時すでに遅し。

マネしたお店の商品が粗悪なものでない限りは、
No.1として売れ続けるのです。

まさに“早い者勝ち”。

生み出した早さではなく、PRする早さのことなのです。

不条理だと思うかもしれませんが、
ビジネスの世界は非情です。

怒っていても、勝てません。

 
 
 

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

|

« “お客さまを想う”ということ。 | トップページ | 自信はあるのに売れない。ならば、通販。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/56587141

この記事へのトラックバック一覧です: “早い者勝ち”を忘れてはならない。:

« “お客さまを想う”ということ。 | トップページ | 自信はあるのに売れない。ならば、通販。 »