« 引き立て役を陳列する。 | トップページ | 『マイナス回避』が売りやすい。 »

商売はお客さまの多いところで。

「地方都市だから人が少ないし……」
「お年寄りばかりで、お金を遣わない」
「うちの商品の良さをわかる人がいない」

……もう、商売をやめてしまいなさい。

不況のせいにする。立地のせいにする。
挙げ句の果て、お客さまが悪いと言う。

商売がうまくいかないのは、すべてあなたのせいです。
商売をなめているあなたの努力が足りないのです。

……と、厳しいことを言ったところで、
それはただの批判になってしまいますので、
具体的な話を。

もし、“人がいない”と感じるなら、
商売の基本を思い出してください。

「お客さまがたくさんいるところで商売をする」。
これが鉄則です。

地方より都市部の方が有利なことは明らかです。

儲けるために100人の来店が必要だとすると、
住民が1000人の町なら、
10%の集客率が必要となります。
住民が10000人の町なら、1%の集客率で済みます。

お客さまが多いと商売はラクなのです。

ならば、お店の移転を考えても良いでしょう。
ただし、お金が掛かりますが。

では、どうすれば……。

もう、わかりますよね。
何度も書いていることですが、インターネットを使えば、
全国あるいは世界中の人を相手に商売ができるのです。

お店を移転することなく、
一瞬にして大量のお客さまを集めることができます。

その方法は説明するまでもないので省きます。

では、どんなモノを売れば良いのでしょうか。

注意すべきは、小さな会社・個人商店が扱う商品には、
ネットで“売れるモノ”と“売れないモノ”が
あるということです。

全国が相手だからと、
「話題のモノ」「流行っているモノ」を
扱いたくなるものですが、これらは“売れないモノ”です。

なぜなら、大手が売っているからです。
品揃えと価格では勝てません。

“売れるモノ”とは、オリジナル商品や地元のモノです。

地方色の濃いモノの方が、
ネットでは注目されやすいのです。

「地元を売り込む」という
地域おこしの視点を持つくらいの気持ちで、
売れるモノを考えてみてください。

いま扱っている商品の中でも、
都市部には無いモノの方が良いでしょう。

あなたが「こんなものは売れないよなぁ〜」
と思うような商品こそ、
全国の人が求めているモノだったりします。

売れるか売れないかは、
やってみなければわかりませんが、
ネットなら、売れなくてもほとんどリスクはありません。

逆に言えば、リスクを背負わず、
大成功の可能性もあるということです。

それでも、あなたはやりませんか?

移転せずに、売れる“立地”が手に入るのですよ。

 
 
 

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

|

« 引き立て役を陳列する。 | トップページ | 『マイナス回避』が売りやすい。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/57800423

この記事へのトラックバック一覧です: 商売はお客さまの多いところで。:

« 引き立て役を陳列する。 | トップページ | 『マイナス回避』が売りやすい。 »