« ヲタクの消費力を見逃すな! | トップページ | お客さまの質問に答えられない時はチャンス。 »

同じ商品でも価値は変わる。

スターバックスとドトールの違いを知っていますか?

スタバは高くて、ドトールは安い?

まずは価格の違いが浮かびますよね。

では、味はどうでしょう?

スタバは美味しくて、ドトールは美味しくない?

そんなことはありません。ドトールは、
安くても充分に美味しい珈琲を提供しています。

確かにスタバは、訓練を積んだバリスタが、
こだわりを持って珈琲を淹れてくれます。

その手間を考えると、
価格が高くなるのは仕方ありません。

珈琲豆の品質面でも、スタバのこだわりは評価できます。

しかし、お客さまがその違いを本当にわかった上で、
飲んでいるでしょうか。

スタバのカップにドトールの珈琲を入れて、
お客さまに出してみれば、その答えはすぐにわかります。

よほど舌が敏感で、
スタバに心酔している人でもない限り、
ドトールの珈琲だとは気づきません。

こうした実験は、過去に何度も行われていますが、
お客さまの舌というものは、結構いい加減なものです。

プロであるバリスタがいて、お店も高級感があり、
価格もそれなりに高いスタバを
“美味しい珈琲店”と感じているだけなのです。

感じた結果、
「ゆったりとした空間で、本物の味を楽しみたい」
と思う時に、スタバを利用しているのです。

ところが、それはお客さまが持つ
イメージでしかありません。

つまり、舌の肥えたお客さまが
スタバに集まるわけではない、ということです。

ドトールの珈琲でも、
お店の雰囲気を高級感あるものに変えて、
“プロっぽい店員”を演出すれば、
高くてもお客さまは納得して利用してくれます。

ただし、ドトールの役割はそんなところにはありません。
また、目指してもいません。

“気軽に、安くて美味しい珈琲を楽しんでもらう”
ことにあります。

なので、お店や店員に
お金を掛けるわけにはいかないのです。

すなわち、客層が違うということです。

極端な言い方をすれば、お金があるか無いか。

つまり、価格の違いでしかないのです。
お客さまにとっては、同じ珈琲なのです。

同じ珈琲なのに、その“売り方”によって、
価値が変わってくるのです。

当然、プロ側からすれば、
「まったく違う商品だ」と言うでしょうが、
お客さまにはわかりません。

お客さまが求めているのは、珈琲ではなく、
珈琲を楽しむ“時間”なのです。

時間をどう演出するかが、お店の“売り”を決定します。

 
 
 

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

|

« ヲタクの消費力を見逃すな! | トップページ | お客さまの質問に答えられない時はチャンス。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/58482333

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ商品でも価値は変わる。:

« ヲタクの消費力を見逃すな! | トップページ | お客さまの質問に答えられない時はチャンス。 »