« お客さまの質問に答えられない時はチャンス。 | トップページ | “時間”がお店の売りになる。 »

田舎へ行って、一旗あげよう!

「都会へ行って、一旗あげよう!」と意気込んで、
都会を目指す人はたくさんいます。

地方の時代と言われながらも、
地方の活性化はいまだ進まず。

就職先は無く、商売を始めるにも、
お客さまになってくれる人口が少ない。

田舎に住んでいる者として、
都会へ出る人の気持ちは理解できます。

しかし、都会へ出れば成功できるのでしょうか。

残念ながら、ほとんどの人はできません。

良くて、食べていける程度。
挫折して、田舎に戻ってくる人も少なくありません。

都会には選択肢がたくさんあり、
成功の可能性は高いように見えます。

ですが、それ以上にライバルが多いのです。

素晴らしいアイデアが浮かんだと思っても、
誰かが先にやっています。

敢えてマネして、2番手でやろうとしても、
すぐに他の人が参入し、
自身は3番手4番手になってしまい、潰れてしまいます。

それが、都会です。

いま都会で商売をされている方は
実感していると思います。

何をやっても大きなライバルに勝てない、と。

もし、ライバルがいなければ、
いまのような苦労はしませんよね。

そんな場所が、田舎なのです。

自店の商売が無い田舎を探し、移住してしまうのです。

田舎の人が渇望している商売なら、
間違いなく常連さんになってくれます。

人口は少なくとも、濃いお客さまが獲得できるのです。

大きな儲けにはならないかもしれませんが、
ライバルを気にしつつ、
いつもビクビクしているようなことは無くなります。

ライバルがいなければ、
地域オンリーワンのお店になれます。

 
 
 

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

|

« お客さまの質問に答えられない時はチャンス。 | トップページ | “時間”がお店の売りになる。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/58631322

この記事へのトラックバック一覧です: 田舎へ行って、一旗あげよう!:

« お客さまの質問に答えられない時はチャンス。 | トップページ | “時間”がお店の売りになる。 »