« 嘘をつかない。 | トップページ | スーパーのセオリーを個人商店でも。 »

お客さまの眼を養う。

下町に、ブランドショップ、高級フレンチ、料亭……。

当然、お客さまは来ませんし、
出店することもないでしょう。

地域の客層・特性に合ったお店でなければ、
繁盛させることは難しいのです。

やはり、出店前のリサーチは重要なのです。

しかし、すでに出店している、
その場所以外ではできない、
という事情がある場合にはどうするか。

商品構成を変えたり、お店を町に合う雰囲気に
改装したりする方法もありますが、
それは自分の意志を曲げての妥協になってしまいます。

妥協は、後悔を生むだけです。

売りたい商品を売れるように考えましょう。

では、どうすれば良いのか。

地域の暮らし・習慣を変えることはできませんが、
そこに住む人びとの意識を変えることは可能です。

失礼な言い方ですが、文化度を上げるのです。

・扱っている商品がどれほど素晴らしいものなのか。

・それを使うことで得られる
 豊かな生活とはどんなものなのか。

・良いモノを手にする満足感とは。

これらを啓蒙することが重要なのです。
知らなかった世界を見せてあげるのです。

下町であっても、興味を示す人は必ずいます。

眠っていた感性を目覚めさせてあげましょう。

チラシを配る。
ミニコミ紙に記事を書かせてもらう。

考えつく限りの啓蒙活動をするのです。

大袈裟かもしれませんが、
「その地域に新しい文化を芽生えさせる」
くらいの気持ちで、取り組んでください。

そうすれば、ミスマッチかと思われた高額商品も
売れるようになるのです。

 
 
 

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

|

« 嘘をつかない。 | トップページ | スーパーのセオリーを個人商店でも。 »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/61387556

この記事へのトラックバック一覧です: お客さまの眼を養う。:

« 嘘をつかない。 | トップページ | スーパーのセオリーを個人商店でも。 »