« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

文句の前に、まず行動しろ!

コンサルタントである私の提案に対し、
「それは無理でしょう」と即答する店主がいます。

「やったことがあるのですか?」と問うと、
「やらなくてもわかります」。

プロである私が、
その可能性を見込んで提案したことに対して、
実践もしていないのに、結論がわかるなんて、
どんな才能の持ち主でしょうか。

私以上の能力があるなら、
お店は儲かっているはずです。

相談する必要など、まったくないはずです。

こんな店主が結構いるので、コンサル以前に、
意識の改革から始めなければなりません。

ハッキリ言って、ウンザリします。

人の言うことを素直に聞けない店主のお店は、
ほとんどの場合、潰れてしまいます。

人の言いなりになれというのではなく、
意見を聞き入れて、自分なりのやり方で良いので、
まずはやってみることが大切なのです。

やった上で結論を出して欲しいのです。

やらずに結論など、出せません。

やる前から「無理だ」という考え方をするから、
何もできずに儲からないのです。

やらずに文句だけ言うのも、
あなたに能力のない証拠です。

どんなことにでも、まず行動してみることです。
やってダメなら、軌道修正すれば良いのです。

これを繰り返しているうちに、必ず道は拓けます。

そのお手伝いをするのが、
私たちコンサルタントの仕事なのです。

コンサルタントは、方向性を示す存在であって、
結論を出すのはあなた自身であることを
肝に銘じてください。

私は、良い結論が出るように導くことはできます。
しかし、しっかりと道を拓き、歩いていくのはあなたです。

すべてをコンサルタントに頼るのは間違いです。

それでは、あなたの能力を高めることはできません。

 
 
 

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

客層は、“あなた”で決まる。

芸能情報やゴシップばかりの
女性週刊誌を置いている美容室。

週刊漫画や古いコミックを並べている中華料理店。

テレビでプロ野球を流している食堂。

こうしたお店の良い悪いを言うつもりはありません。

それが魅力となって集まって来るお客さまもいます。

ただし、店主であるあなたが、
本当に望んでいる客層かどうかが問題なのです。

常連さんが多くて儲かっている。
それで良いと言うのなら、何も問題はありません。

しかし、客数も少なく、利益も少ないとなると、
何かが間違っているのかもしれません。

商品そのものなのか。お店の雰囲気なのか。
はたまた、客層なのか。

もし、客層だとしたら、何が問題なのでしょう。

上記の例で言うと、女性週刊誌を読みに来るお客さまが、
本気でお洒落なヘアースタイルを望んでいるでしょうか。

お洒落したいと、女性なら誰しも思うかもしれませんが、
本気であるなら、
女性週刊誌を置いているお店には行きません。

“ほどほど”しか求めていないから、
そんなお店で良いのです。

漫画を読みながら中華料理を食べるお客さま。

本当に美味しいと思う料理なら、
“ながら食べ”などしません。
一所懸命に箸を動かすはずです。

プロ野球を見ながらご飯を食べる。

この場合、味は“ほどほど”で良く、
野球を見るためにお店を利用しているだけです。

あなたは、それで満足ですか?

あなたが本当に来て欲しいお客さまですか?

あなたの腕がもったいないとは思わないのでしょうか?

商売を始めた頃を思い出してください。
理想としていた姿があるはずです。

ところがいまは……。

それはすべて、あなたの責任なのです。

あなたが、週刊誌を置くようなお店にしてしまったのです。

漫画やテレビで、お客さまを釣ってしまったのです。

あなた自身が理想を忘れて、
違う客層を呼び込んだのです。

軌道修正するには、
あなた自身が変わらなければいけません。

理想とする客層と
同じレベルの意識を持つことが重要なのです。

『類は友を呼ぶ』。

これは、お店とお客さまにも通じる言葉なのです。

 
 
 

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通行人を“五感”で引き込め!

お店の前を通りがかる人は多いのに、
足を止めてくれない、入ってくれない。

歩いている人は、目的があって歩いているので、
余程興味が湧かなければ、立ち止まってはくれません。

ただブラブラしているだけの人は、あまりいませんから。

そんな人たちに眼を向けさせるためには、
仕掛けが必要です。

お店に気づかせる刺激を与えなければいけません。

その基本は、『五感』に訴えること。

見させて、聞かせて、触れさせて、
味わわせて、匂いを嗅がせて、
「おやっ、何だろう?」という興味を持たせるのです。

「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」に、
強いインパクトを与えます。

わかりやすい例では、
焼き鳥屋さん・うなぎ屋さんの匂いです。

団扇で外に向けてあおいだり、
排気ダクトをわざと正面に出し、
匂いでお客さまを誘います。

すなわち、「嗅覚」に訴える方法。

あの匂いは強烈で、
ついついお店に足が向いてしまいます。

「視覚」の場合には、
お店の外観やショーウインドウで刺激を与えます。

食品サンプルやマネキンがそうですが、
最近は店内の様子を
モニターで流しているお店もあります。

動画は人の興味を惹きますから。

「聴覚」には、魚屋さんの呼び込み、
店内BGMなどがあります。

映画「ロッキー」のテーマ曲を聴くと、
走りたい気分になる人が多くいるように、
音楽は人間の感情に大きく影響します。

つまり、楽しくなる音楽、
落ち着く音楽を上手く活用すれば、
お店に誘いやすくなります。

「触覚」には、「ご自由にお手に取ってご覧ください」
というPOPを掲示しておけば、商品に触りやすくなり、
お店に近づく人が多くなる効果があります。

また、触りたくなる物体を置いておくのも効果的です。

女性を観察していると、
手触りの良さそうなぬいぐるみやクッション、
シルク製品、可愛い小物雑貨があると、
すぐに手に取る傾向があります。

「味覚」は、ずばり試食・試飲でお客さまを誘い込みます。

“タダ”に弱いのが、人というもの。
大きな吸引力となります。

このように『五感』に訴えるのは、
人の感覚に刺激を与えるものなので、
理屈抜きで興味を持たせることができます。

理屈でものを考えると、
「必要か必要でないか」で判断してしまいますが、
感覚なら、「好きか嫌いか」で選ぶようになります。

“好き”にさせるのは、演出次第。
理屈より、売りやすいのです。

 
 
 

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーのセオリーを個人商店でも。

玉子の特売日になると、スーパーには人が押し寄せます。

これは、スーパーの集客方法として王道とも言えるもの。
古くから行われており、いまだ効果のある方法です。

この集客法では、
玉子を原価割れで売っているのが普通です。

目玉商品にしてお客さまを集め、
他の商品を買ってもらうことで、利益を確保するのです。

つまり、「損して得取れ」。
商売の基本です。

個人商店でも、
繁盛しているお店ではこれを実践しています。

しかし、不況の影響や大型店に押されて、
売り上げを落としているお店では、
“損”する勇気がありません。

「目玉商品だけが売れて、
 他のものは買ってもらえないでは?」
「損するだけで終わるのでは?」

不安を感じるのも無理のないことですが、
現状のままでさらなる集客が期待できますか?

お店は、お客さまが来なければ、話にならないのです。
何も始まらないのです。

とにかく人を集めることを考えなければなりません。

そこで、玉子の特売のような目玉商品を作るのです。

原価割れまで安くする必要はありません。
誰もが安いと感じる価格にします。

どこよりも明らかに安いとわかれば、
お客さまが大勢やって来ます。

お客さまが集まれば、お店も賑わい、活気づき、
“売れているお店”に見えてきます。

この見ためが大切なのです。

行列があると、その先に何があるのかわからなくても、
並んでしまう人がいます。

これと同じ心理で、
人の集まっているところに、人は集まるのです。

ただし、目玉商品を作ればそれで良し、
というわけではありません。

他の商品を魅力的に見せる工夫や
サービスの充実も忘れてはいけません。

「損して得取れ」を続ければ、
必ず、常連さんに支えてもらえるようになります。

最後に、ある商売人の言葉を紹介します。

「1つくらい損してもいいじゃないですか。
 1つ損しても2つめでチャラになります。
 3つめから儲かりますよ」。

 
 
 

▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »