« 変わり者を掴め! | トップページ | 本を読んで、魅力ある店主になれ! »

原価と売り上げのギャップを作れ!

「安く仕入れて、高く売れ」と言うつもりはありません。

付加価値が高ければ、それもアリなのですが、
私が言いたいのは、原価の安いものを
“安い”という付加価値で売れ、ということです。

激安ショップを作るのではなく、
高付加価値商品を増やすのです。

お客さまが「これは値打ちがある」と納得して、
買ってくれる商品。

たとえば、カステラ屋さんで
「切れ端」をパック詰めして、安売りしています。

あっという間に売り切れ、行列さえできています。

本来なら廃棄するものですから、原価はゼロ。

あるいは、産業廃棄物として
処理費が掛かるかもしれません。

ですが、これを安く売ることで、
お客さまも喜び、利益にもなります。

数量が決まっているので、
“限定品”という付加価値も生まれます。

口コミも期待できるので、
新規客を誘引することにもなります。

すぐに売り切れたり、行列ができることで、
“美味しいお店”という評価を得ることもできます。

安く売ったとしても、原価がゼロなので、
そこには大きな利益が生まれます。

これが、「原価と売り上げのギャップ」なのです。

こうした商品を作ってみてください。

「こんな方法を使うと、正規の商品が売れなくなる」
と考える店主が多いのですが、
まったく心配はいりません。

ほぼ客層が違うからです。

「見ためなど、どうでも良い」というお客さまと、
「やはり正規のものでないと…」
というお客さまがいます。

もし、同じ客層だったとしたら、
それは用途によって使い分けているお客さまです。

贈答としてや特別な日に買うものは正規品で、
普段は安売り品を買うのです。

つまり、購買機会が増えるだけ、と言えます。

決して、正規の商品が売れなくなる、
ということはありません。

ただし、正規の商品に
本当の価値・商品力があることが前提ですが。


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ




|

« 変わり者を掴め! | トップページ | 本を読んで、魅力ある店主になれ! »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/67654318

この記事へのトラックバック一覧です: 原価と売り上げのギャップを作れ!:

« 変わり者を掴め! | トップページ | 本を読んで、魅力ある店主になれ! »