« “常識はずれ”は注目される。 | トップページ | 値切るお客さまには売るな! »

お客さまは常に他店と比べている。

お客さまは、何を基準にお店を選んでいるでしょうか。

品揃え、価格、雰囲気……。

その中から、あなたのお店が選ばれているとしても、
そのお客さまは絶対的な固定客とは言えません。

どこかに新しいお店ができれば、
すぐにそちらに移ってしまうかもしれません。

絶えず新しいものを探しているのです。

そんなお客さまを引き留めておくには、
常に他店を超える魅力づくりを
心がけておかなければなりません。

お客さまに喜ばれる商品・サービスを
追求し続けるのです。

そのためには、まず他店のことを知る必要があります。

お客さまが比べている、その相手を知らなければ、
それを超えることはできません。

頻繁に他店を訪問し、
どんな特徴・どんな弱点があるのかを調べるのです。

店主であるあなたの顔が知られているのなら、
家族や友人に頼んで、調査して来てもらいましょう。

徹底的に知ることが、“やるべきこと”に繋がるのです。

流行を追うことはどのお店でもやっています。

それよりは、他店の一段上を行くことの方が、
お客さまにとっては魅力的に映るのです。


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ




|

« “常識はずれ”は注目される。 | トップページ | 値切るお客さまには売るな! »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/68277857

この記事へのトラックバック一覧です: お客さまは常に他店と比べている。:

« “常識はずれ”は注目される。 | トップページ | 値切るお客さまには売るな! »