« “訳あり商品”で集客しろ! | トップページ | マスコミ好みのニュースを作れ! »

「AIDMA」を忘れるな!

広告やマーケティングを学んだことのある人なら、
誰もが知っている言葉。

しかし、あまりにも基本過ぎて、
意識することすら忘れている言葉でもあります。

「AIDMA」とは、消費者が購買行動を起こすまでの
プロセスを表した考え方です。

Attention(注目)、Interest(興味)、
Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)。

この5つの頭文字を取って、「AIDMA」。

学問として出てくる言葉なので、
実際に商売をしている方が知らなくても、
何ら恥ずかしいことではありません。

ですが、できれば知っておいて欲しいのです。

このプロセスを意識して商売をするだけでも、
集客や売り上げに大きな差が出るのです。

ひとつの売りたい商品があるとすると……

A:その商品に注目させるためには、どうすれば良いか。
I:興味を持たせるためには、何が必要か。
D:欲しいように仕向けるには、
  どんな情報を流せば良いか。
M:お客さまの頭に印象を植えつけるための
 インパクトになるものは何か。
A:購入を決断するための駄目押しはどうするのか。

このように、お客さまに購買行動を起こさせるために
必要なことを順序立てて整理することが
できるようになるのです。

あなたの頭の中では、
いつも売るためのアイデアが
駆け巡っていることでしょう。

しかし、
「広告を打ってみるか?」
「おまけをつけるか?」
「セールをするか?」
というように、思いつくまま、
バラバラな思考になっているはずです。

これでは、お客さまの購買行動を
引き出すことはできません。

お客さまは購入を決断するまでに、
無意識のうちに、AIDMAのプロセスを経ているのです。

なので、売る側もそれに合わせなければ、
タイミングが合わず、すれ違いとなってしまいます。

つまり、売れないのです。

AIDMAを勉強して、売る戦略を立てる必要があります。






にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ




|

« “訳あり商品”で集客しろ! | トップページ | マスコミ好みのニュースを作れ! »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/69250438

この記事へのトラックバック一覧です: 「AIDMA」を忘れるな!:

« “訳あり商品”で集客しろ! | トップページ | マスコミ好みのニュースを作れ! »