« 時間帯で売り方を変えろ! | トップページ

集客力の低い商品は、“まとめ売り”しろ!

お正月の福袋を買う人は、たくさんいるでしょう。

最近は、昔と違って中身がわからないものではなく、
どんなものが入っているかがわかるようになっています。

また、売れ残りの処分的な商品ではなく、
価値の高いものが入っているので、
大人気となっています。

しかし、入っている商品のひとつひとつが、
欲しいものではありません。

中のひとつふたつが欲しいために、
他のものに対しては「まぁ、あってもいいかな」と、
自分に言い聞かせて買っているのです。

欲しいものだけを買えば、もっと安く済むはずなのに、
人はなぜ、福袋を買うのでしょうか。

昔の福袋なら、「何が入っているのだろう?」
という楽しみ方でしたが、
いまは、「すごくお得だわ!」が購入動機です。

価値の高い商品ではあるけれど、
単体ではあまり売れない。

つまり、集客力の低い商品なのです。

そんな商品でも、安くすれば当然売れますが、
単体では利益が少ないので、「福袋」という
“まとめ売り”をするのです。

価値の高い商品がいくつも入っていれば、
本当に欲しいものかどうか以前に、
“お得だわ!”が大きな魅力となるのです。

こうした売り方は、
歌手のコンサートでも行われています。

小林旭をメインにして、
総勢10人の歌手によるコンサートがあります。

その顔ぶれは、「千昌夫」「黛ジュン」「山本リンダ」
「葛城ユキ」「冠二郎」「仁支川峰子」「チェリッシュ」
「狩人」「あすか美生」。

最後の方は新人でしょうが、
他の方は失礼ながら、過去の存在です。

しかし、それぞれに昔からのファンがついていて、
注目度はあります。

そんな人たちを集めれば、
多少ファンが少なくなっていても、
「×10」で集客力は高まります。

大変失礼なのですが、“まとめ売り戦略”だと言えます。

この方法は、実に効果的なのです。
試す価値は充分にあります。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ



|

« 時間帯で売り方を変えろ! | トップページ

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/71407744

この記事へのトラックバック一覧です: 集客力の低い商品は、“まとめ売り”しろ!:

« 時間帯で売り方を変えろ! | トップページ