« 東京見物さ、行くだ! | トップページ | 店頭に価格を掲示しろ! »

自身の使用体験を話す。

お客さまに商品の説明をする時、
どれだけ饒舌に話しても、
「嘘くさい」「売り込もうとしている」
と感じてしまうお客さまはいます。

それは、話す人の心が見えないからです。

特徴だけを羅列したり、良いことばかりを話していると、
お客さまは信用しなくなります。

メリットだけではなく、
デメリットも正直に話すことが大切です。

しかし、もっと効果的なのは、
自身で使ってみた感想を話すことです。

使用体験こそが、
説得力のあるセールストークとなるのです。

使ったことがあるかないかで、言葉が大きく変わります。

「扱っている商品すべてを自分で使っていたら、
 経費ばかり掛かるよ」
そう思われる方もいるでしょうが、
すべてである必要はありません。

商品のひとつひとつに関して、
セールストークをシミュレーションしてみましょう。

細かな説明のいらない商品もあります。

使ってみた方がお客さまを説得しやすい、
と感じた商品のみで構いません。

自身の使用感を伝えることは、
何よりもお客さまの心に響きます。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ



|

« 東京見物さ、行くだ! | トップページ | 店頭に価格を掲示しろ! »

起業支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121288/71795194

この記事へのトラックバック一覧です: 自身の使用体験を話す。:

« 東京見物さ、行くだ! | トップページ | 店頭に価格を掲示しろ! »